2020年の反省と2021年にむけて
blog ポエム
Published : 2020-12-27   Lastmod : 2021-11-07

2020年の反省

思ったように進まない

独立して一年と少し経ちましたが、率直な感想としては、思ったように物事は進めることが出来ずに、おれは何をやっているんだ・・・という感じです。

5月30日の誕生日に、以下の様に年内の目標を立てました。

### legalwin project

こちらは既に課金サービスも開始され、順調にユーザー数も増えています。
既に運用体制に入ったとは言え、さらに多くの弁護士さんに利用してもらうために、新たな機能をどんどん追加して行きます。
年末へ向けた具体的なユーザー数は言えないのですが、ある数字に向けて頑張ります。

### マーケティング系プロジェクト

年末までにベータ版をリリースしたいです。

### 政治系プロジェクト

年末までにベータ版をリリースしたいです。

### 教育系プロジェクト

新規開発の要素がなく、生活費を稼ぐ程度に稼働させます。サラリーマン時代の失った固定給を少しでも挽回させたいです。
ただし、他の開発プロジェクトが忙しい場合は、スキップも予定しています。
あくまでも副業的なプロジェクトです。

### 金融系プロジェクト

こちらも新規開発の要素がなく、生活費を稼ぐ程度に稼働させます。サラリーマン時代の失った固定給を少しでも挽回させたいです。
こちらも副業的なプロジェクトなので、スキップする可能性もあります。

### ブログの移管、アップデート

まだまだ本ドメインのブログの内容が不十分かつ不明瞭なものが多いので、旧匿名ブログからの移管を進めます。
落ち着いたら、機械学習系の記事を随時あげていきたいと思います。
目標は移管を完成させ、最新の機械学習の記事やクラウド関連の記事をアップすることをルーティン化することです。

### ブログの英語版のリリース

英語版をリリースします。

### 技術勉強

- BERT、ノンパラベイズ、ガウス過程当たりの理解を深める
- Juliaをいじる
- PyTrochを覚える
- GCPをもっといじる

### 体調管理

サラリーマン時代、70〜72キロでした。先ほど計ったら75キロでした。ちなみに身長は182cmなので、それでも適正体重です(のはずです・・・)。
年末までに71キロにします。

一つ一つ振り返って行こうと思います。

legalwin project

こちらは、今年の前半に正式リリースを行い、無事、有料サービスも開始することが出来ました。順調に利用者数も増えており、少人数で特段の資本もない中、開発から運用まで行う体制の中で、かなりうまくいっていると思います。

ただ、それは共同創業者の頑張りが大きく、今年一年、このプロジェクトに僕が付加価値を出せたかと言えば、疑問が残ります。来年以降、利用者を増やすために、様々な施策を打つ予定ですが、来年こそはしっかりとアウトプットを出したいと考えています。改めて、一緒に仕事を進めてくれる仲間には感謝してもしきれません。

結果 : 〇

マーケティング系プロジェクト

こちらは、マーケティングの需要予測の数学的な部分をブログに書き起こした所まで行きましたが、そこで止まってしまいました。なんとか時間を見つけて少しずつでも進めていきたいです。

結果 : △

政治系プロジェクト

こちらは一緒にプロジェクトを進めている友人が現在別の仕事に集中する必要があるという事で、一度ストップしています。友人はとても優秀で、大きなプロジェクトに取りかかっているので、それが落ちついたら、進めていこうと思います。

結果 : -

教育系プロジェクト

こちらは全く手をつけれず、ダメでした。手が空いたら進めるという立ち位置でしたが、何一つ手をつけていないのはダメです・・・

結果 : △

金融系プロジェクト

こちらはある程度のシステムの基礎は整えましたが、そこから進めることが出来ませんでした。来年以降に少しでも進めることが出来ればと思います。メインプロジェクトではないとはいえ、もう少し進めることが出来ればという後悔が残ります。

結果 : 〇

ブログの移管、アップデート

新しいブログのテンプレートの作成、jupyter notebookとの連携、ポートフォリオサイトのウェブアプリ版のリリースなど、移管、アップデートという意味では予定通りいきました。ただ、その内容がまだまだ旧ブログに追いついていないので、反省点が多いです。

結果 : △

ブログの英語版のリリース

こちらは全く進めておらずダメです。

結果 : ×

技術勉強

  • BERT、ノンパラベイズ、ガウス過程当たりの理解を深める

BERTは勉強し、アプリに組み込み済み、ノンパラベイズ、ガウス過程は教科書をちゃんと呼んで理解しました。

結果 : 〇
  • Juliaをいじる

インストールして、簡単な行列計算を行ってみました。計算速度は確かに早いため計算の部分だけ考えた場合有用ですが、Webアプリケーションに組み込むとなると、まだまだ勉強が必要です。この部分を考えるとやはりpythonの方が利便性が高い。

結果 : △
  • PyTrochを覚える

チュートリアルをやっただけで終わりました。

結果 : △
  • GCPをもっといじる

GCEやCloudDeployment、CloudFunctionなどを利用しました。かなり理解することが出来ました。

結果 : 〇

体調管理

結果 : △

体重が78のままです。増えてもいないので、×ではないと思いますが、72にはしたいと思っています。年齢的にも痩せにくくなると思いますが、体が資本の個人事業主なので、ここは頑張りたいところです。言い訳ですが、身長が182なので、これでも標準的な体重です。。


全体としては、40点ぐらいだと思います。目標が高すぎた訳ではないと思います。コロナのせいでもありません。ただ、生まれ持っての怠惰な性格が全面的に出てしまった結果です。人生もそろそろ折り返しです。死ぬ直前になって、あれをやっておけば良かったと後悔しないように、全力で頑張るしかありません。


また、上記の目標以外に、以下のタスクが追加となりました。

  • 自分のWebアプリケーションのポートフォリオサイトのベータ版をリリース
  • 業務委託として、とある機械学習プロジェクトに参画

Webアプリの方は、機能を充実させ、将来のプロジェクトの布石にするつもりです。業務委託の方は、かなり興味深いプロジェクトで、自分ができる限りの事はして行こうと考えています。

2020年反省まとめ

反省点

正直に言うと、もう少し出来たはずと言ったところです。コロナの影響じゃない?っと言われることもありますが、もう少し自分を厳しく律する事ができれば、この倍以上の成果は出せたと思っています。


結局、出来ない理由などいくらでも作れます。コロナのせい、他のプロジェクトで忙しい、突発的な予定が入った、プログラムが正常に動かない・・・、個人の名前で仕事をさせてもらっている以上、そういったことは許されず、結果を出し続けないといけません。


年始に、今年はアウトプット重視で行きたいと友人と話した記憶がありますが、今年のアウトプットの量は、サラリーマンの時代より少なかった様な気がします。


今思えば、サラリーマン時代は、平日平均12時間程度は働き、帰宅後、様々なプロジェクトのコーディングを行い、土曜日や日曜日は打ち合わせで出かけるなど、今とは比較にならないほど働いていました。アウトプットの量も多かったと思います。


その状況と比較すると、今はかなりのぬるま湯に浸かってい状況で、今年一年を通じて、後悔しかありません。そろそろ40歳の大台が見え始め、人生も折り返しが見えてきました。体力的にも無理がきかなくなり、集中力も続かないなと思う事が増えてきました。今までは気合いと根性でくぐり抜けてきた事がたくさんありましたが、それもいずれ限界が来ます。効率を追い求めて、少ない時間と努力と、最大限のアウトプットを出す必要があります。


私の好きな岡本太郎氏の言葉に、

己を殺す決意と情熱を持って危険に対面し、生き抜かなければならない。

というものがありますが、今年はこれとは真逆の精神状態で一年を過ごしてしまいました。反省しかありません。

良かった点

点数的には悪いのですが、悪い点ばかりにフォーカスして一年を締めくくるのも精神的に良くないので、良かった点を上げていこうと思います。

画像やNLPなどの機械学習の理解が深まった

サラリーマン時代は、機械学習の理論的な勉強に時間を割いていましたが、本年は実務を見据えて、実際に自分でコーディングしてモデルを理解する事ができました。割と数式には抵抗感がなく、そこを理解して満足していた部分もありましたが、実際にそのモデルを自分で実装すると、さらに理解が深まりました。CNN, RNN, LSTM, GRU, Word2vec, Seq2Seq, Attention, Bertなど、近年注目されているモデルの実装が出来ました。また、今では意味があるのか疑問に思い辞めてしまいましたが、最新の論文を読んでSOTAを試すという事まで出来ました。それはそれで、自分の技術力向上に役に立ったと思っています。

システム開発系の記事を量産できた

結構頑張ったと思えるのが、クラウド時代を見据えたシステム開発系の記事をたくさんかけた事です。直接ビジネスに結び通ものではないので、なんとも言えない部分がありますが、これまでの私のシステム開発の知見を出来るだけ反映させたものになっています。サラリーマン時代も含めると10弱のプロジェクトに関わり、一部はうまくいかなかったものもありますが、多くは本番リリースを行い、今現在もユーザー様に使ってもらっています。

オンプレの時代とクラウド全盛の時代の開発手法の違いがメインになりますが、その辺を私の整理も含めて記事としてアウトプット出来たのは良かったと思います。

来年に向けて自分のビジネスの方向が見えてきた

来年一年は、legalwinの利用者数を増やすのと、もう一つビジネスを行おうかと思っています。それが明確になった事は、人生、たまには怠惰な時間を過ごすのも悪くないという証左になったのかなと思っています。


来年は、今年のこの反省を活かしつつ、良かった点は継続し、集中して効率的にアウトプットを出していこうと思っています。

2021年の目標

ビジネス

  • legalwinで利用者数をXXX人まで増やす
  • 金融系のプロジェクトを完成させる
  • XXXXXXXXXXXXXXXXXX
  • 収益の多角化
  • 業務委託の仕事を完成させる

プロジェクト

  • マーケティングプロジェクトを少しずつ進める
  • ブログの英語版をリリースする

技術

  • GCP, PyTorch, Juliaをもっと使う
  • NLP(主にBERTの理論部分)を理解する
  • 強化学習の理論的な部分を理解する
  • flutter+DartでFirebaseを用いた簡単なios, androidアプリを作る
  • 旧ブログの量子コンピュータの記事の移管を進める

その他

  • 英語会話の再勉強
  • 体重を72キロにする(2021年1月2日、体重が80.3キロでした。これは本当にまずい・・・)

コロナ

私にはそれほど大きな影響はありませんでしたが、やはり今年は多くの方にとってコロナが一番の出来事だったように思います。コロナそのものよりは、コロナ対策に対して世界中の人々が分断され、無駄に対立が目立ったように思います。国同士の対立、世代間の対立、職種による対立、右派左派など政治思想が異なる勢力間の対立、米国大統領選挙を巡る対立、これほど人々の対立が激化したのは近年ではないのでしょうか?ネット上やTwitter上で繰り広げられる誹謗中傷の言い合い、マウントの取り合いには心が締め付けられます。


このような問題に対して私が解決案を持っているわけでもないし、持っているからといってそれを実行できる行動力もありません。力を持たない一般市民として、自分の仕事を粛々とこなしながら、2021年が世界中の人々にとって幸せな一年となるように祈るしかありません。

独立

今年一年間、大学を卒業してから初めて会社の名前ではなく、自分の名前で主な収入を稼ぎました。

いわゆる「所属している会社に時間を売る」のではなく、「自分を必要としてくれるお客様に技術を売る」仕事に変わりました。

某企業の和山さんではなく、和山さんだからといって仕事をくれる方もいらっしゃいます。サラリーマンをしていたら決して経験する事はなかったでしょう。とても嬉しいことです。


お付き合いさせていただく人の種類も変わりました。基本的に個人の名前で勝負していたり、ベンチャー企業で生きるか死ぬかの勝負をしている人たちなので、一人一人と話ししたり、一緒に仕事をする中で多くの事を学ぶ事が出来ます。ありきたりな言葉ですが、かっこいいのです。

一つ一つの決断の裏には、必ず自分たちのBSとPLの数字があり、一歩でも間違ったら、すべてを失うことを覚悟しています。凄みが出てくるのは当たり前のように思えます。


前職の大企業サラリーマン時代は、アウトプットが出ていなくても、出来ない言い訳を体裁を整えてかっこよくしていれば、そこそこの給料をもらうことが出来ました。そのような環境の中で十年以上経過してしまうと、やはり人間としての凄みがなくなります。結果として、何人かの先輩達は「ごますりサラリーマン」と進化して行きました。その姿は、私自身がこうなりたいなと言う理想像は大きく異なる姿でした。


独立するという事は、必ず決断の結果が自分のBS/PLに客観的な数字として反映されという事です。言い訳も通用しなければ、綺麗な言葉でごまかすことも出来ません。私はまだこのドキドキ感を楽しめています。


来年はどうなっているでしょうか。とても楽しみです。

最後に

来年はまだ言えない部分も含め、個人的に重要な出来事が続きます。二度と今年のような怠惰な一年を過ごさないように、気を引き締めて仕事を進めていこうと思います。

関係者の方々、今年一年大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いします。

関連する記事