[AWS] RSD
Cloud AWS
Published : 2020-07-14   Lastmod : 2020-07-21

1.RDSとは

RDSとはAWSのリレーショナルベース構築サービスです。RDSを使うことでクラウド上に容易にデータベースのセットアップ、構築、運用が可能となります。RDSで使えるDBサーバはAmazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle データベース、SQL Serverなど、ポピュラーなRDBMSが利用可能となっております。RDS=DBというイメージがあるので、RDSはDBサーバのひとつのように思われがちですが、RDSそれ自体はDBサーバではありません。DBサーバを構築するための箱と思ってもらったほうがイメージしやすいかと思います。そしてこの箱の上にMySQLやOracleなどのインスタンスを入れて、動かします。

2.RDSのメリット

RDSを使うメリットの一つはDBインストール、メンテナンスが不要ということです。本来、システムを構築する際はDBをインストールして、設定して、時にはメンテナンスのパッチをあてて、などいくつもの工程や長い時間を経て環境構築ができますが、RDSはボタン操作だったり、場合によってはAWS側でやってくれたりするのでとても容易に最新の環境が構築できます。AWSでは、実はEC2にもDBサーバをインストールできます。RDSと比べて、こちらのほうが安価だったりしますが、自らDBパラメータの設定などをしないといけないので管理の手間が増えます。容易にDBを使いたいならRDSがおすすめです。

他のメリットとしては、ライセンス不要ということです。MySQLやPostgreSQLはオープンソースなのでフリーですが、OracleやSQLServerはライセンス費用が必要です。ですが、RDSの場合は時間単位でライセンス費用がかかってくるため、発生する費用は実体で使った分だけです。使わないときは停止しておけばライセンス費用はかかりません。既存の場合はどうでしょうか。使っていても使っていなくても、同額のライセンス費用が発生します。

3.RDSの使い方

RDSの使い方として一番注意すべきなのはマルチAZにDBサーバを置くということです。オンプレミスなどでも可用性のためにDBをマルチ運用するケースは多いです。AWSはセキュリティを最優先事項としていますが、100%ではありません。そのため、RDSを運用するときは万が一の場合に備えて、複数のアベイラビリティゾーンにRDSを構築することが必須となっております。

関連する記事